日頃は、当協会の運営に多大なご支援とご協力をいただき心から感謝申しあげます。

本年度、当協会技術委員会の事業計画の一つである「新しい技術の啓蒙、紹介等の情報提供」として、建築設備BIM(Building Information Modeling)の講習会を開催いたします。

 

あらためて言うまでもなく、BIMとは、コンピュタ-上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、設備機器材、あるいは管理情報などの属性デ-タ-を取り込んだ建築物のデ-タベ-スを、設計の場面は勿論、施工から維持管理までのあらゆるプロセスでの情報活用をおこなうためのソリュ-ションです。

 

そして、それは建築行為の新たなワ-クフロ-(設計・施工・維持管理プロセス)を生み出します。

これはBIMを実現するソフトを使い3次元モデルを作成し、設計から施工、維持管理に至る、所謂ライフサイクルコスト全体でモデルに蓄積された情報を活用する事で、建築ビジネス(コトづくり、モノづくり)業務を効率化し、広義の建築デザインに新たなイノベ-ションを起こすワークフロ-でもあるからです。

 

県内では、BIM活用事例が2、3件散見される程度であり、また大型プロジェクトでないとなかなかその有効性を見いだせない事や、導入コストの問題、公共プロジェクトでの発注者側の体制(仕様)が整えられていない等がその要因であると思われます。

 

しかし、間違いなくBIMによる設計フロ-が通常の設計プロセスとなる事は時間の問題であると思われます。

そこで、実際の設備3次元CADソフトを使用しての建築設備に特化したBIMの講習会を開催する事といたしました。

 

講師は、建築設備CAD (Rebro) の開発・販売、アフタ-を主業務としております㈱NYKシステムズ様に御協力をいただく事が出来ました。

(株)NYK次元CADソフト(Rebro)をBIMに取り込んだデモンストレ-ションを主とした実際の業務に即した講習会となります。

 

設計者の立場、施工者の立場、あるいは発注者側の立場と広く建築フロ-に係わっている方、とくに若手技術者には是非とも受講いただければと思っております。

どうかふるってご参加下さいますようお願い申し上げます。

 

期 日:令和元年7月12日(金)午後1時30分~午後3時45分

場 所:茨城県建設技術研修センタ- 2F研修室

    水戸市青柳4193   ℡: 029-228-3881

講座名:建築設備BIM(Building Informatin Modeling)講習会

 

※会場の都合上、参加人員は先着40名とさせていただきますので予めご了承ください。

※講座の詳細及び申し込みは、以下の 案内・参加申込書 をご参照下さい。

⇒ 建築設備BIM(Building Information Modeling)講習会開催の案内・参加申込書