平成28年6月

一社)茨城県設備設計事務所協会

菊地 繁

技術委員会委員長

川又 哲男

 

 

本年度より、建築設備に係わる技術者の基礎知識・技術習得を目的とした「初級建築設備技術者講習会」を開催いたします。

 

 

1.趣旨及び目的
 既に当協会々員の共通課題として、建築設備に従事する若手技術者の絶対数が希少な状況が続いており、非常な危機と認識しています。この状況を改善する為の対策の一つとしては、しっかりとした若手の受け入れ態勢の為の教育プログラムが準備されている事が、有効であるとの判断をいたしました。そこで、協会として設計・施工・販売等の分野を問わない新人を初めとする初級建築設備技術者を対象とした講習会を事業として継続的に行う事といたしました。
 この講習会が結果として、若手技術者の能力向上と業界定着率のアップはもちろん、質の高い業務提供に繋がっていく様、プログラムの充実を図って実施してまいりたいと思っております。

 

2.経緯及び講習会概要
 昨年度、会員の皆様を対象に実施なさっている新人をはじめとした社内講習会等の概要及び採用なさっている「新人技術者教育用教材」のアンケ-トを実施いたしました。結果、多くの会員様の事業所で新人に限らない社内教育を実施されており、現在、市販されております設備関連技術書で新人向けの文献も活用されている事が確認できました。
 その後、本計画策定のための技術委員会において、参加各委員より、これだという的確な講義・教材等は稀有であるとの意見が多く寄せられました。この事は、実務者を対象にした設計・施工の現場で使える実務書が、高度・細分化されていく建築設備の技術進歩速度に追従しきれてない事が一因かと思えます。
 そこで、当協会の100を超える会員の皆様から各々の専門事業分野のノウハウ提供、及び講師の労をとっていただく事でのご協力をいただく形の講習会ならば期待に添えるのでないかとの結論に達しました。
 つまり、最新の建築設備トレンドに裏打ちされた実務中心の建築設備全般に亘る体系的な講習会が開催可能となると自負しております。

 

3.講習会内容(予定)
●受講対象者

  •  ・対象者は、初級建築設備技術者とする。
  •  ・設計・施工・メンテナンス・サ-ビスエンジニア等建築設備に係わる技術者とする。
  •  ・初級者の判断は、受講希望者の判断とする。
  •  ・会員以外(建築設計等、分野を問いません)の受講も可とする。
  •  ・各講座で専門分野以外の方が専門以外の知識を身に着ける為の受講等も歓迎。

 

●講習会予定講座(予定)

  •  ・初年度(28年度)は電気設備関連の講座とします。
      機械設備、その他設備は、次年度(29年度)以降順次開講予定

 

平成28年度講座開催(案)

第1回

LEDを主とした照明基礎講座

平成28年7月20日(水)

第2回

通信情報設備の基本

平成28年11月 予定

第3回

受変電設備と各種計算

平成29年2月 予定

 

●講師

  •  ・各専門分野の協会会員事業所御担当者(エキスパ-ト)

 

●テキスト

  •  ・各講座毎に講師が作成したテキスト → 協会より当日配付
  •  ・市販テキスト → 事前に参加希望者に協会より連絡。参加者にて準備

 

●受講料

  •   会 員:3,000円/講座(1日)
  •   非会員:4,000円/講座(1日)
  •   当日、会場にてお支払いただきます。

 

●受講申し込み

  •  ・別紙案内申込書に記入し協会へ申し込む。
  •  ・会場の都合により、40名までとさせていただきます。

 

●会場

  •  ・茨城県建設技術研修センタ-(青柳町)を主会場となります。