4月14日(水)に、35名の会員の皆様のご参加をいただき、ひたちなか市の日立製作所都市開発G水戸ビルシステム本部エレベ-タ研究塔「G1TOWER」の見学会を行ないました。

見学日の前々日が、竣工記念式典だったそうで外部団体としては、最初の見学グル-プだったようです。

 

高さ地上213mの、このELV研究塔は世界最速クラス(1,000m/分以上)、及び積載加重5t以上の大容量エレベ-タ-に求められる、安全性、信頼性、快適性、省エネ性などの開発、実験検証を行なう事が可能となり、世界市場における競争力強化の旗頭となります。

22班に分かれての見学は、地上180mの展望フロア-からの眺望の素晴しさもさることながら、特別に見学させていただいた9階最上階の実験ELV用巻き上げ機の巨大さ等、その技術レベルに感嘆の声があがりました。

まだ、実証実験はこれからと行く事ですが、ここから世界トップランナ-のエレベ-タが生み出される事を思うと、技術屋のはしくれとしても、感慨深いものがあります。

 

参加いただいた皆様も、技術者としてのモチベ-ション高揚の一助になったのではと思います。

昨年度見学会を実施した、J-Park、そして今回のG1TOWERと、茨城には、世界に誇れる技術レベルが存在する事を改めて実感する所でもあります。

今後とも、このような見学を行なっていきたいと思っております。

どうかご期待と、ご協力をお願いいたします。

 

最後に、ご協力いただいた、日立製作所都市開発システム昇降機部門の皆様、そして見学会のアレンジをいただいた、日立ビルシステム茨城営業所様に心から御礼申し上げます。

 20100420_kengaku

G1TOWERをバックに参加者全員の記念撮影です。

高すぎて写真に入りきりません。

尚、左側は昭和38年に竣工した、旧ELV研究塔です。